1. HOME
  2. 南部鉄器とは

南部鉄器とは

南部鉄器とは

平安時代、近江の国(滋賀県)より時の藤原氏が鋳物師を招いたのが始りとされ、おおよそ950年前にさかのぼり現歴史遺産 平泉全盛期時代は梵鐘・仏具なども作り平泉文化の一翼を担ったと言われ、江戸時代には伊達藩の保護も受け、昭和34年、盛岡と奥州水沢とが南部鉄器のブランドを確立し現在に至ります。

弊工房は型作り、鋳造、仕上げ、着色、出荷まで一括生産をしているのが特徴です。
甑(こしき)炉と呼ばれる溶解炉を用いて日々鉄を溶かしています。

サンプルテキスト

製作工程

砂型

夏の暑い日には、砂の乾燥を
冬の寒い日には、砂の凍結を気にしながら
日々職人の作業に微塵も無駄な動きは、ありません。

鋳造

溶けた鉄を型に注ぐ作業は、真剣勝負。
細く、ある時は太く製品をイメージして流し込みます。
息を止めて職人の手加減一つ、熱い鉄が型に流れて行く。
その時の様子で[出来た]と、解るといいます。
誰も寄せ付けない凛とした姿がそこにありました。

研磨仕上げ

砂型から取り出した製品は、焼き付いた砂を落とし
研磨加工の仕上げに入ります。
繊細な模様、アラレ模様その他、様々な形、その一つ、
ひとつを完成前の鋳物生地として熟練の技が光ります。

釜焼き

おおよそ900度の高温で鉄瓶を焼き内側に酸化皮膜
といわれる皮を施す作業です。
皮膜はある程度の錆を防ぐための工程ですが完全に防
錆では無く鉄分の溶出が程よく出る様に釜焼きという
技が生まれました。

着色・仕上げ

最後の塗装仕上げとなり鋳物本体はもちろん蓋や鉉も
一緒に仕上げます。
色々な塗色や仕上げの完成度は、職人技の見せ所。
緊張する作業の連続です。