お知らせ

YouTubeチャンネルを作りました!!
2019.11.15

お知らせ

及富のYouTubeチャンネルができました!!!

https://www.youtube.com/channel/UCQtiAsEBn7Lz1CHfqDcbbQQ?view_as=subscriber

レジェンド菊地専務が、鋳物界を切りまくる!!

チャンネル登録お願い致します!!

ナマステ


錆び錆び
2019.03.12

その他

おはようございます。

小雨のせいか昨日から少々肌寒い奥州市。

室内が乾燥しているのと、ちょっと寒いのでお湯を沸かします。

右の若い鉄瓶はまだまだだけど、左の古株鉄瓶は良い錆び具合です。

湯垢もしっかりついて、水もあかくなっていません。

慣れないうちは抵抗感がありますが、使い続けていれば

何とも思わなくなります。

最近は錆びた時の茶渋染めをやってみたくて、早く錆びさせようと

若い鉄瓶はお湯を入れっぱなしにしてます。

ただ毎日3〜4回は使うから中々広範囲まで錆びない・・

全体が真っ赤に錆びた時、丸ごと煮込むと真っ黒に染められます。

それをいつかやってみたい!!

 

そういえば錆びって赤い錆だけじゃないんですって。

オレンジや黄色、緑や青。

水質によって反応後の色が異なるみたいです。

色が違っても錆びは錆びですが、面白いですよね〜

 

今日も一日頑張りましょう!

 

 


急須と鉄瓶の見分け方
2019.03.01

その他

本日2件目のブログ更新です。

最近全く書けていなかった・・職人共々

元気です。

 

 

さて、先日2件ほど問い合わせがありました。

「「鉄瓶と急須は何が違うのですか?」」

 

簡単に使用方法の違いを説明しますと、

鉄瓶は火にかけられますが

急須は火にかけられません。

また、

鉄瓶は鉄分が出ますが

急須は鉄分が出ません。

ではどうやって2つを見分けることができるのでしょうか。

 

 

ここで問題です!

下の2枚の写真、どちらが鉄瓶でどちらが急須でしょうか?

 

 

 

 

はい、正解は上の写真が鉄瓶、下の写真が急須です。

外側は同じですが、中の加工が違います。

上の鉄瓶は「酸化被膜」という高温で焼くことにより、

酸素の膜を付けた状態です。

見た目は灰色、一部白っぽい部分も。

この被膜を付けていないと鉄は急激に錆びてしまいます。

そうするとお手入れどころか水もすぐに真っ赤になって

しまうので、ちょうど良いくらいの鉄分が出るよう

そして錆がゆっくり出るように調整しています。

鉄分補給をするならこちらを選びましょう。

 

 

2枚目の急須。

こちらは「琺瑯加工」というガラス質の釉薬を内部に塗り、

高温で焼き付けた状態です。

見た目は黒くてツルツルテカテカしています。

完全に鉄分が出るのを防いでいる状態なので、

内側に鉄分が出ません=錆が出ません!!

(水分の溜まりやすい注ぎ口や蓋の周りなどの

琺瑯加工がされていない部分は徐々に錆びていきます)

保温性は鉄瓶と同様です。

また、火にかけると熱で加工が割れてしまうので

火には絶対にかけないようにしましょう!ここ大事。

 

 

 

おまけ

鉄瓶は火や熱に直接触れさせるため、周りの色が

徐々に抜けていきます。だんだん抜けていって、湯垢や

錆で内側も外側も覆われ、その変化を楽しみながら

使えるのが鉄瓶の良いところです。

何年も何年も使い込んだ鉄瓶の錆は水に浮きません。

つまり、錆びててもお湯は透明なまま!

慣れるまでは抵抗感がありますが、使い続けているうちに

錆びも湯垢も気にならなくなります。

だってどんどんお湯が美味しく感じられるから。

 

 

逆に、急須はお手入れが楽ちんかつ

綺麗な見た目が長持ちするところが良いところです。

今は黒だけでなく、さまざまなカラー急須が

販売されています。

一目惚れしたり、悩みに悩んで選んだ急須の

可愛らしさ、美しさを少しでも長くそのままに。

 

 

今回は鉄瓶と急須の見分け方でした。

 

 

 

 

 


もし空焚きをしすぎてしまったら?
2019.03.01

その他

うっかり鉄瓶を空焚きしすぎてしまった!

 

 

そんな時、慌てて水を入れてしまわないよう注意!!

先ずは落ち着いて、自然に鉄瓶の熱が冷めるのを待ちましょう。

 

ここで水を入れてしまうと、あっつあつ状態の鉄瓶が

急激に冷やされることで多大な負荷がかかってしまい、

本体にヒビが入る恐れがあります。

鉄でできた頑丈で重い鉄瓶も、使い方を誤れば

簡単に壊れてしまうこともあるのです。

 

 

話を戻します。

鉄瓶の熱が冷めたら確認することは3つです。

①外側と内側に目に見える変化はないか(ヒビや変形など)。

②再度お湯を沸かしてみて、水漏れしないか。

③お湯を沸かして、いつも通り乾かした後

広範囲に錆が広がっていないか。

 

 

①本体の内側と外側を見て、

特に目でわかる変化が無ければ水を入れてください。

②どこからか水漏れしていないか確認してから、

ガスコンロ、またはIHヒーターに置いて点火します。

沸騰するまで水漏れがないか見守りましょう。

鉄は熱をかけると広がり、冷えると収縮する性質が

あります。

つまり、熱をかけることで目に見えなかった小さなヒビが

広がり、最初水を入れた時には漏れていなかったのに

沸騰させたら漏れてきた!ということがあるのです。

③乾かした後または翌日、内部に広範囲に錆が

広がっていた場合、空焚きしすぎたことによって

内部に施している酸化被膜(錆の進行をゆっくりに抑える被膜)が

傷んでしまった可能性が高いです。

その場合は錆びた時のお手入れ方法(茶葉を煮込んで〜)を

行ってみましょう。

 

(広範囲の錆にオススメの茶葉はプーアル茶葉です。

コップ一杯くらいの茶葉でお湯が真っ黒になり、

緑茶よりも錆を黒く染めやすいです)

 

 

今日は鉄瓶を空焚きしすぎてしまったら〜の対処法のお話しでした。

おしまい。

 

 

 

 


及富は商標登録をしております
2016.12.21

その他

〜お知らせ〜

 

株式会社及富は商標登録をしております。

これからも皆様にご満足いただけるような鉄瓶を造り続けて参りますので

何卒宜しくお願い申し上げます。

 

及富一同

 

 

img_1144

 

img_1145

 
img_1146


å